« タロットミュシャ(ソードの解釈) | メイン

2022年6月24日 (金)

タロットミュシャ(スプレッドと正位置・逆位置)

タロットミュシャの英語解説書の65ページから「スプレッド」の解説が掲載されています。

タロットの占い方はさまざまあります。ネットで検索すれば、わんさかで見つかります。正直どれがいいのか、素人の私には見当もつきません。であればなおさら、自分がもっているタロットの解説書を忠実に読むことが重要だと思います。

タロットミュシャの英語解説書には次の4つの方法が掲載されています。

1 1枚だけカードを引く方法:タロットリーディング(読み解き)のもっともシンプルな方法です。あなたがカードを1枚だけ選ぶ。もし、もっと情報がほしいのならば、さらにカードを選びます。あなたが十分に情報を得た感じるまでそれを続けます。

2 シーズン:あなたが特別な質問をもっていないとき、現在のあなたの人生についてよき導きを受けたい時に占う方法です。好きな方法でカードをまぜます。そこから4枚のカードを選びます。この4枚を一列に横に並べます。そして一枚一枚ひっくり返していきます。1枚目は「春」。創造的な表現が必要なことは何かを示します。2枚目は「夏」。ゆっくりすべきことは何かを示します。3枚目は「秋」。収穫しようとしているのは何かを示しています。4枚目は「冬」。保護したり手当が必要なことは何かを示しています。

3 フラワー:あなたが、とある状況において最善の方法を知りたい時のリーディング(読み解き)です。2と同じようにカードを好きなようにまぜて4枚のカードを選びます。1枚目は「アイリス」です。これは「メッセージ」を示しています。2枚目は「カーネーション」です。これは「秘密の影響」を示しています。3枚目は「ゆり」。これは「きわめて重要な美しさ、楽しさ、優しさ」を示しています。4枚目は「バラ」。これは「真実」を示しています。

4 4人の役者:これも2,3と同様に4枚のカードを選びます。1枚目は「読み解きたいことのテーマ、概観」を示しています。2枚目はその「テーマに影響を与えているのは誰か」を示しています。3枚目は「予期せぬ変化と発展」を示しています。4枚目は「解決と結果」を示しています。

以上、4つのスプレッドについて書き記しましたが、とても抽象的ですよね。占う対象は非常に多岐にわたります。だからあまり具体的に書いてしまうと対処できないケースも出てくるので、解釈の幅を広げるためにこういう解説にならざるを得ないのでしょう。だからこそ占い師の出番もこういう解釈するところで必要になるのです。そもそも英単語の意味も多様なのでさらに解釈の幅が広がります。日本語訳の解釈がどうもしっくりこないときは、英語の原文に戻って読み直すのがいいかもしれません。

それともう一つ重要なことがあります。それは「正位置」と「逆位置」。通常のタロットにはこの2つの意味が解説されていますが、タロットミュシャにはこの概念がありません。カードの解釈にもスプレッドの解説にも英語解説書には位置関係についての記載がないのです。さらにスプレッドの解説のページには読み解きの事例が紹介されているのですが、カードの裏はすべて正位置で並べられています。おそらくタロットミュシャは「逆位置」を想定していません。そういう意味で、「逆位置」の解釈でお手上げの私にはピッタリのタロットといえます。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.synapse-blog.jp/t/trackback/716622/34250113

タロットミュシャ(スプレッドと正位置・逆位置)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿