2021年4月14日 (水)

「せんべろ」と「だれやめセット」 1000円ならばどっちにする?

仕事帰りに鹿児島中央駅近くにある居酒屋を眺めながら歩きました。来週、5年前の仕事の同僚たちと飲むことにしたのですが、「感染防止対策」をきちんとしているお店をとのリクエストがあり、探す羽目になったから。

ネットで調べてこれはいいかなと思っていた「暖」に行ってみたらなんと閉店。店の前の掲示板には店主が膝を痛めて当分は休業とのこと。ぼちぼち歩いて「ちょいのみ1000円」との看板が出ていた「えごや」に寄ってみました。

手指消毒をして「ちょい呑みセット」を注文。飲み物は生ビールとハイボールのどちらか1杯ということで生ビールを、食べ物はからあげとチキン南蛮のどちらかということでチキン南蛮を選択。このほかにタレがかかった枝豆がついています。

名前は違いますが、鹿児島の居酒屋は「だれやめセット」をよく見かけます。たいていは生ビール(中)か焼酎1合のどちらかに小鉢が2〜3つで1000円。お店によって串揚げだったり、お刺身だったりと得意分野が違いますが、基本形はどこも同じです。

それに比べると鹿児島駅近くの「足立屋」は同じ1000円なのですが、こちらは飲み物がジョッキ3杯にもつ煮だけ。ジョッキは生ビールでも焼酎でも酎ハイでもハイボールでもいいというからすごい。名付けて「センベロ」。本当にベロベロになるまで酔っ払います。

鹿児島市内でも「センベロ」の看板を出している店がちらほら目立つようになってきましたが、そのすべて(といっていいぐらい)が「だれやめセット」と同じでアルコールは1杯だけです。「センベロ」を名乗るのならベロベロにならないとだめでしょ。

ところで、「えごや」のチキン南蛮はおいしかった。おすすめです。でも枝豆はいただけない。さやから豆がなかなか出てこなくて食べるのに一苦労でした。おかげで舌の根元が筋肉痛です。

それにしても今日の「えごや」。お客さんがひっきりなしで賑わっていました。繁盛しています。午後7時前でまだ明るいうちなのにこの盛況。鹿児島では「まん延防止措置」がなくて本当にラッキーです。

あっ、「感染防止対策」のお店を探すんだった。

教室のでかい時計の上をゆくおまえは真面目すぎるよ、時間 (俵万智)

2021年4月13日 (火)

虎落笛の上品さとセーターのあたたかさ

學士會会報には会員の短歌、俳句、漢詩が掲載されています。そのような嗜(たしな)みのない私でも、時間つぶしにしばしば目を通します。

俳句の会は草樹会というのですが、12月例会の俳句は何だこれは? という俳句のオンパレードで驚きました。ざっと紹介すると、

「虎落笛灯揺らぐ山の音」「遠き遠き日の思い出や虎落笛」「みちのくの虎落笛きく一夜かな」「ユトリロの絵から聞こゆる虎落笛」「村の灯に息も継がせず虎落笛」「虎落笛回転ドアに人気なし」「コロナ禍やGoToキャンペーン虎落笛」「虎落笛土地切売りの赤幟(のぼり)」「ひとり酒泣くがごとくに虎落笛」「荒波や鉄塔に立つ虎落笛」

はて「虎落笛」がなんだかわかりましたか? 私はネットで調べてようやくわかりました。「虎落笛」とは「もがりぶえ」と読みます。冬の厳しい風が柵を吹き抜けるときに立てる音のことです。

この「虎落笛」が「もがりぶえ」とわかったとたん、これらの俳句がぱっと風景となって、それこそ音を立てて目に浮かびます。俳句のすばらしさですね。草樹会は東京に本拠があるだけに、俳句がどれも上品ですね。

それに比べると関西草樹会はまったく作風が違います。こちらはお題が「セーター」だったようです。お題からして身近ですよね。そして俳句はこんな感じです。

「セーターに日曜の顔くぐらせる」「北欧の太編みセーター来て帰国」「セーターのひとつはづれし編み目かな」「家中の噂(うわさ)手編みのセーターに」「セーターの袖(そで)をつまんで初デート」「セーターを買ふに一日かけし妻」「セーターに介護の染みのなつかしき」

どうです。これらの俳句には愛情が感じられませんか? これは、お題の違いではなく、関東人と関西人の着目の違いではないかと思います。

私の場合、俳句を詠んで心にしみるのは、「セーター」に込められた詠み人のやさしさの方みたいです。

一本のすでにはげしき花吹雪(片山由美子) 

2021年4月12日 (月)

散々な一日の後にはラグビートップリーグの大熱戦

先日は久しぶりに献血をしようと思いたち、天文館の献血ルームに足を運びました。ここは朝9時30分から開いています。バスで出かけて、10時前には到着しました。

入るなり、さっそく非接触型体温計で検温。そのままスタッフから「ご予約ですか?」と声をかけられました。違うと否定すると「密を避けるために制限しています。2時間待ちになりますがよろしいでしょうか?」

バカバカしくなって、すぐに献血ルームを出ました。コロナの影響で献血者が減っているという文句を鵜呑みにしたのが間違いでした。コロナの影響で献血する人の数を制限しているから血が足りないわけで、だったら、献血を呼びかけるなよとひとりで毒づきました。

暇を持て余したので、県民交流センターまで足を伸ばしました。ここは数年前にリニューアルしておしゃれなカフェができたと聞いていましたが、ずっとご無沙汰にしていたのを思い出しました。

たしかに雰囲気はすてきなカフェでしたが、どうも落ち着かない。注文したフレバーティーも香りが強すぎるので妙だなと思ったものの、そのまま口にすると渋みとえぐみが胃にどっかりとたまりました。ふたくちほど飲んだらもう限界。10分ほどの滞在でカフェを出ました。

やれやれ。これは災難だな、と思いつつバスに乗り、自宅に戻ってからはダゾーンでラグビートップリーグの試合を見ました。「見逃し配信」中だったので5試合を連続してみました。

注目したのはNTTドコモ対神戸製鋼。今季はニュージランド代表のTJ(ハカの先頭にいた選手です。)が加入し、台風の目となっているNTTドコモが、圧倒的な強さを見せている神戸製鋼にどういう戦いを繰り広げるのか。

ゲームは予想通りの大接戦。最後は神戸製鋼が勝利しましたが、その差はほんの僅か。こんなに違うチームになるものかとうなりました。

そしてもうひとつ大熱戦を展開したのが、トヨタ自動車対クボタ。こちらもワールドカップに出場した選手たちが躍動。試合終了のホーンがなってからトヨタ自動車がトライを決めて、クボタに1点差に迫り、最後のコンバージョンキックが決まって逆転。すごい試合でした。

午前中はついてないことが立て続けでしたが、午後はスポーツの醍醐味を満喫できました。こういう日があるから、スポーツ観戦がやめられないんですよね。

勇気こそ地の塩なれや梅真白(うめましろ) (中村草田男)

2021年4月11日 (日)

雄川の滝を初めて体験 大隅半島のドライブ旅行

私がようやく自宅待機が解除されました。しかし、妻は仕事が忙しく、あいかわらず土日に会社に行くこともしばしば。そんな妻が「久しぶりにドライブに行かない?」と誘ってきました。

思えば二人でドライブに出かけるなんて、この1年はほとんどありませんでした。妻も仕事が忙しいのでたまには気分転換をしたいようでした。今日は鹿児島ユナイテッドの試合がある日でしたが、アウェーの試合だし、妻との一緒の時間を優先することが大事なこと。日帰りドライブとなりました。

行き先は、わたしがかねてから行きたかった雄川の滝。いうまでもなく、大河ドラマ「西郷どん」のオープニング映像で全国的に知名度が引き上げられた大隅半島の名勝地です。

早朝の垂水フェリーに乗り、海沿いに大隅半島を南下。錦江町役場からさらに南に下って、南大隅町の雄川の河口に到着。そこまで行くと「雄川の滝」までの案内板が設置されています。雄川の北岸を上流にさかのぼり、発電所横を通る狭い道をくねくね行ったところに、急に土地が開けて駐車場がありました。

午前9時半頃だったのですが、駐車場にはすでに車が10台近く駐車していました。そこからは夫婦二人で歩道を歩きます。

駐車場はもちろん、歩道もきれいに整備されています。途中、工事中のところもありましたが、特に支障なく雄川の滝に到着しました。

映像で見ていたのですが、実際にみるとその絶景に圧倒されてしまいます。もちろんエメラルドグリーンの澄んだ滝壺は魅力的であるのですが、私は滝壺を取り囲む高さ数十メートルの岩壁に驚きました。雄川の幅は100メートル以上あるのですが、この川全体が岩壁に囲まれているのです。

しかも岩壁の上部から水が流れ落ちるのではなく、岩壁の下部から水がしみ出してくるのです。人気スポットである理由がよくわかりました。

滝を見た後は駐車場にあったカフェでマンゴーソースのかかったソフトクリームを二人でたべました。おいしかった。1個600円近くする値段でしたが、私も妻も満足できました。わざわざこんなところに来て、安い市販のアイスクリームを食べるよりもずっといいと思います。

その帰りに諏訪神社によりました。同じ南大隅町にあるのですが、こちらは妻のおすすめ。なぜかって? 行ってびっくり、同じ大きさの朱色の鳥居がふたつ横に並んでいるのです。鳥居がトンネルのように順々にならんでいる神社は何度か見たことがありますが、横に並んでいるってどういうことなんでしょう? どちらの鳥居をくぐればいいのか? 不思議です。

家に戻ったのは午後2時。行きは垂水フェリー、帰りは桜島フェリーを利用し、運転はすべて妻に任せましたが、少々疲れました。今日はお天気がよくて、日差しが眩(まぶ)しすぎたからかもしれません。

「水に書く文字のようだね」流れゆく恋だからまた恋が始まる(俵万智)

2021年4月10日 (土)

知事が維新の会だから大阪はピシャーとしとる

新型コロナウイルスの感染が広がっています。大阪府は1日あたりの感染者数が全国で最も高くなりました。

もう1年も昔のことです。私の会社に苦情の電話がありました。60歳を越えた男性で、何度もコロナ対策が不十分だと言ってくるのです。その電話のたびに「大阪の知事は維新の会だけあって、感染対策がピシャーとしとる。だからしっかりと抑え込んでいる。それに比べてお前たちは・・・」と大阪府の吉村知事を絶賛し、私の会社をボロクソに貶(けな)していました。

この1年、大阪府知事は交代していませんが、感染者は急増していて「蔓延防止措置」を政府に求め、時短営業の頃に逆戻りとなりました。

後出しジャンケンのようで気が引けますが、大阪府が感染を抑え込んでいたというのは幻想に過ぎません。そもそも、そんな幻想をいだいている人がいること自体驚きです。なぜなら、大阪府は常に新規感染者数、死亡者数、入院者数のいずれもが鹿児島県を大幅に上回っているのです。どこが「ピシャー」と抑えているのでしょう。

私は苦情の電話があるたびに「そうですね」と同意しつつ、聞き流していました。この苦情主の言うことをやっていたら、金がいくらあっても足りない。現実感覚を失った人間としか思えませんでした。

ワイドショーは吉村知事をよく取り上げます。絵になるんでしょうね。テレビは絵が命。現場でどんなに懸命になって感染拡大防止に取り組んでいても、絵にならないと存在しないのと同じような感覚で。

おそらくこの苦情主は、家に閉じこもってワイドショーばかり見ていたんでしょう。洗脳されていたと言っていい。維新の会は橋本元知事をはじめとして、コメントの歯切れがいい。それに惹きつけられるのでしょう。

でも、政治は結果です。言葉はその次です。感染拡大を防げていないのはどこですか。東京と大阪ですよ。テレビ映りがいいだけで選挙に投票するなんて、私にとっては背筋が寒くなります。

ところで最近、この苦情主から電話がかかってこなくなりました。新しい攻撃のターゲットを発見したのかな。今でも「知事が維新の会だから大阪はピシャーとしとる」といっているのかな。周囲にバカにされているとも知らずに。

春の雲人に行方を聴くごとし(飯田龍太)

2021年4月 6日 (火)

「習近平体制の今後と日米中関係」を読む

學士會会報No.947の小論「習近平体制の今後と日米中関係」(國分良成)を読みました。

小論によると、中国には3つの矛盾が存在するといいます。以下はこの小論の私的要約です。

ひとつは富と強の矛盾。経済成長で増えたパイを適正に分配すると国民は豊かになりますが、負担の重い軍拡はできなくなり、強国的な姿勢はとれなくなります。

ふたつめは言と行の矛盾。いうまでも中国共産党の立派なスローガンは行動を伴わないことが多い。たとえば「新常態」。中国の高度成長は終わって鈍化したという意味ですが国民に不評で使用されなくなりました。また「核心的利益」もあらゆるものが「核心的利益」になって意味をなくしました。「一帯一路」も「国内に貧困地域があるのになぜリターンの少ない近隣諸国に投資するのか」と不評で最近は抑え気味。

みっつめは政治と経済の矛盾。経済成長が鈍化した今、社会矛盾や不満が大きくなり、党指導部を脅かすようになりました。しかし、中国共産党は所得の再分配についての議論は消極的で、国防費を増強させて結局は投資頼みの傾向があります。

いうまでもなく中国は、中国共産党が独裁を敷いている国です。その結果として、中国で最も発達しているのは人を管理する体制です。この体制のせいで人は伸びやかに能力を発揮できません。中国共産党の弱みは何かというと、やはり中国共産党は「日本の侵略から中国人を救った」「貧しさから農民を救う」という理念によって農民を組織に組み込んだのが、この独裁国家の根源です。そういう観点からこの国を見なくてはいけない。

習近平は当初は反腐敗闘争という名の権力闘争を繰り広げました。しかし、既得権益層の追い落としに失敗し、妥協を余儀なくされています。その一方で、共産党の独裁や思想統制の強化は進みました。これは結局組織の弱体化の裏返しに過ぎません。最大の原因は経済成長の鈍化です。

もやは中国経済は飽和状態にあり、中国の新規の大卒は毎年900万人近く。日本の10倍以上です。中国政府は彼らに起業させることで雇用を確保しようとしていますが、はたして吸収できるでしょうか。

中国には優秀な人材がいくらでもいますが、それを社会の発展に生かしているかは疑問です。たとえばアリババグループ。習近平派との間に太いパイプがあったからこそ急成長しましたが、中国共産党は民営企業に規制をかけ、利益を吸い上げようとして関係を悪化させています。

そして歴史問題について触れないといけません。歴史問題が本格化したのは、江沢民時代の1995年以降です。江沢民の父は汪兆銘政権の情報系統の幹部でした。つまり、日本の傀儡政権のために働いた「漢奸」だったのです。こうした出自からくる個人的な負い目が、彼の抗日学習の強化や反日的な態度に現れたのです。

しかし、歴史問題は本来おかしなところがあります。抗日戦争で主体的に戦ったのは蒋介石の国民等であって、共産党ではないからです。当時の毛沢東は山奥にいて戦場では戦っていないのです。

こういう欺瞞を中国共産党はいつまで続けていくのでしょうか。「20世紀少年」(浦沢直樹)の「ともだち自民党」みたいです。漫画ではなく現実というのが恐ろしい。そして今年、2021年は中国共産党100周年という記念すべき年です。歴史問題をどのように政治利用するのか、注意する必要があります。

なぜ銃で兵士が人を撃つのかと子が問う何が起こるのか見よ(中川佐和子)

2021年4月 5日 (月)

「平常への復帰 大統領選挙後の米国政治と日米関係の行方」を読む

學士會会報No.947に掲載されていた「平常への復帰 大統領選挙後の米国政治と日米関係の行方」(久保文明)を読みました。

アメリカ大統領選挙が終わって半年が過ぎました。すでに忘れられた存在になりつつあるトランプ大統領に関する興味深い小論です。

あれだけマスコミの批判を浴びながら、確実に支持されていたトランプ大統領。マスコミがいかに世論を無視しているか、乖離しているかという現実をつきつけられて、戸惑った人が多かったことでしょう。以下は小論の要約です。

トランプ大統領は就任後支持が不支持を上回りましたが、以後一貫して不支持が支持を上回っている。また、在職の4年間は共和党支持者のトランプ支持は約90パーセントと極めて高かった。そしてトランプ大統領の支持率は最低38パーセント、最高47パーセントと振れ幅が歴代大統領の中で最小でした。それだけ強固な支持者がいたということです。

もちろんトランプが素晴らしい大統領だと持ち上げているわけではありません。「ポリティファクト」(政治家の主張の真偽を検証するサイト)によると、トランプ大統領の発言は7割が「ほとんど嘘」か「嘘」か「真っ赤な嘘」です。「ワシントン・ポスト」によるとトランプは1日平均15回の嘘をついたとのこと。

ではバイデンの勝利の理由はなにか。それは「トランプではないから」(56パーセント)。圧倒的多数です。つまりトランプが嫌われていたからバイデンは大統領になったというわけです。たしかに、現在のバイデンの存在感はうすすぎてニュースになりませんからね。

では大統領選挙の投票率を分析してみましょう。まず女性。女性は1980年から一貫して民主党支持者が多い。今回もバイデン支持56パーセント、トランプ支持43パーセントでした。でもこれは従来どおり。その意味で、女性はトランプ嫌いはおきていません。

一方白人。白人はアメリカの総人口の約60パーセントを占めます。そして投票率が高い。今回の選挙でも投票者全体の65パーセントが白人でした。白人のトランプ離れが民主党の勝利を決定的にしたといっていいでしょう。

黒人はバイデン支持が87パーセント。総人口の13パーセント。投票率も低いため、影響力は小さいのです。

この小論を読んで、つくづく報道ではそういう解説はほとんど皆無だったよなと振り返りました。集会の様子などのインパクトのある映像をテレビで流すだけ。迫力のある映像ではなく、緻密な解説ができるマスコミはいるのかしら。あっ、緻密な解説では視聴率がとれないということなのかも。テレビを見ている人ってそういう解説を理解できないから、なんちゃって。

さらにわれ生きねばならず夜の灯照る泥濘(でいねい)に無数に人行きし跡(田谷鋭)

2021年4月 4日 (日)

クロームブックを買ってみました。

我が家にはパソコンが1台あります。シナプスブログもこのパソコンを使用して更新しているのですが、家に1台だけということで妻と共用なのが難点。妻が忙しくて仕事を持ち帰ることもしばしば。私がパソコンを使うと妻は仕事ができないわけでいつも不機嫌。

その解決策となると私用のパソコンを買うしかない。昨日は鹿児島中央駅にあるビックカメラに行って、パソコンの品定めと決め込みました。

私が自宅でパソコンを使用する目的は、1にブログ更新。2にポストクロッシング。3がネット検索、というかsdinの囲碁と将棋。以上で使用時間の95%以上を締めています。

こんな私には、文章作成はウインドウズの「メモ帳」機能があれば十分。一太郎やワードなんてハイスペック過ぎて「鶏を割くになんぞ牛刀を用いん」のレベル。エクセルなんてもってのほか。表やグラフなんて作ったことがありません。ましてやパワーポイントなんて触ることもありません。

とにかくネットにつながって、オフィスのアプリケーションショフトがないことで安いパソコンはないかと探しているとありました。それがこのChromebookです。

値段がなんと2万円〜5万円。オフィスシリーズはなく、データはグーグルのクラウドに保存。すなわちパソコンのハードディスクに保存する必要がないので、アプリなし、ハードディスク(ほとんど)なし。という身軽さ。ひと目で気に入りました。

昨夜はネットでクロームブックの評判を調べてみましたが、「Wi-Fi 環境にないと使えない」とか「仕事をするには能力不足」とか「データを自分のパソコンに保存できないのは困る」とか、そんなの当たり前やん、というものばかり。わかって使うものでしょ。

今日の午前中。さっそくビックカメラで最安の2万1千円のクロームブックを購入。午後はセットアップをしましたが本当に簡単。自宅のプリンター、スキャンも接続できたので十分満足です。

今夜からはこのクロームブックでブログも更新します。いいね。

AIH、ICSI・・・ロボットの部品のごとき専門用語(俵万智)

2021年4月 3日 (土)

バス停で見かけた美少女に声をかけたら 

昨夜の仕事帰りのこと。バス停でバスを待っていると,中学生ぐらいの少女が時刻表や行き先の表示板を何度も見ているのに気づきました。マスクはしているものの目元が美しい,きちんとした服を着た小柄な少女です。この娘が周りを見渡していたので声をかけました。

「あなたはどこに行くつもりなの?」少女が教えた行き先は私の知らない場所。「バスの運転手にきいてみたらどう?」とアドバイスをしたものの,バスが数台停車してもそのままじっとしていて,バスはその度に周りの乗客を乗せて過ぎ去っていきます。

少女は別の女性にスマホで検索をしてもらったようで,そこでようやく目的地に行くバスの番号がわかったようでした。しかし「どうやらもうこのバスはいってしまったみたいです。どうしたらいいでしょうか?」と相談されました。

タクシーで2千円ぐらいの距離だったので,タクシーで帰宅するように勧めましたが,どうやらお金を持っていない様子。私は自分の携帯をこの少女に渡し,ご両親に相談するように言いました。

しばらくして,どうやらご両親と連絡がついたらしく,タクシーで帰るように言われたようです。この少女がタクシーに乗れるように,私はしばらく一緒に待っていましたが,そうこうしているうちに私が乗る予定のバスが先に来てしまいました。「ごめんね。もうバスが来ちゃったよ。手をあげたらタクシーが停まるから乗って帰るんだよ」を声をかけてお別れしました。

それにしても冷たいものですね。ひとりで不安な表情を見せている未成年者に,声をかけたのは私1人だけ。周りにはいい大人が20人以上,入れ替わり立ち替わりいるのに。

でも,この間,気になったことがひとつありました。少女が私の携帯電話で親と電話をしているときに,見知らぬ20代ぐらいの男性が私のそばによってきて事情を聞きにきました。ざっくりとあらましを話して彼女が自宅に電話をしていることを伝えると,そのままふらっと離れていきました。

この兄さんは,私が衆人環視の中でこの少女を拉致・誘拐すると思ったんでしょうか。嫌な世の中ですね。

大浪に引かれ出でたる心地して助け舟なき沖に揺らるる(西行)

2021年3月28日 (日)

ユナイテッドの当然の勝利 ゴールキーパー大西の活躍 

今日は朝8時から仕事。正午に切り上げて迎えに来た妻と昼食をとった後に帰宅しました。小雨が降り続く中,白波スタジアムの照明が点灯しているのが見えます。

鹿児島ユナイテッド対福島の試合があるのは知っていましたがこの雨。おとなしく自宅でダゾーン観戦と決めました。

スイッチを入れるとすでにハーフタイム。スコアは0-0でした。アイロン台を設置し,ワイシャツを掛けながら見ていると,後半のキックオフ。ようやく試合が始まりました。

後半開始早々,ゴールキーパーの大西がロングキック。えっ,今日はショートパスはしないの? と思ったのもつかの間,ボールは福島のディフェンスをすり抜けて左ウイングの米澤へ。そのまま米澤はドリブルで前進し,キーパーの股間を抜くグランウンディングのシュートを決めました。プロの試合でもアシストがゴールキーパーってことがあるんですね。

それからも鹿児島の攻勢が続きます。右サイドを突破してセンタリング。ボールを受けた酒本がゴール前にフリーで待っていた米澤に横パス。米澤は冷静にファーサイドへシュートを決めて2点目。鮮やかでした。

その後は福島も反撃しますが,ゴールキーパーの大西の動きがいい。福島のセンターフォワード,イスマイルと一対一となったときも,イスマイルの股間を狙ったシュートを膝を絞って防ぎます。ディフェンスがハーフウェイラインあたらいまで上がっていたときに,福島がその裏にボールを放り込んだときにも大西がするするとスペースを埋めてボールをクリア。危機を未然に防ぎました。

鹿児島が1節,2節で見せたゴール前での細かいパスつなぎは健在。そこから前線にいる3人のフォワードへ何度もロングスルーパスを出す。ディフェンスがその3人に張り付いているときには,空いたスペースにおいてハーフ陣がパスをつないでサイドを突破する。おもしろいように攻撃が展開されました。

結局勝負はそのまま2-0で鹿児島ユナイテッドの勝利。初勝利ですが当然の結果です。

たらの芽のとげだらけでも喰われけり(小林一茶)